香典袋はどこで買える?コンビニのは失礼にあたるの?どれがいいの?選び方や金額について

葬儀に出席する際、不可欠なアイテムとして香典は欠かせません。

この香典を納める香典袋の選び方やエチケットについて、あなたは詳しいでしょうか?

本稿では、香典袋をどこで購入するかを詳しくご案内します。

急な葬儀にも動じないよう、香典袋が手に入る場所を把握しておくことが大切です。

\ 香典袋はコレがおすすめ /

目次

香典袋はどこで買える? 購入可能な場所一覧

100円ショップ

100円ショップでは、香典袋が意外と豊富に揃っています。

例えば、キャンドゥ、セリア、ダイソーの各店舗では以下のアイテムが見つかります。

のし袋(仏御霊前、仏字なし)
金封(黒白7本仏、黒白耳銀7本、仏)
多当折(御仏前、御霊前)
これらの店舗では、香典袋の他にも、袱紗や名入れ用の筆ペンなども一緒に手に入れることが可能です。

コンビニエンスストア

コンビニエンスストアでは、以下の種類の香典袋が揃っています。

それぞれの特徴や使用シーンに応じた情報も詳しく説明します。

銀の水引
黒と白の水引
印刷された水引
コンビニは急なニーズに応える便利な購入先として、広く利用されています。

その他の購入先

香典袋を購入できるその他の場所には、以下が含まれます。

文具店(紀伊国屋、有隣堂、世界堂、事務キチなど)
ショッピングモール(イオンモール、ららぽーとなど)
オンラインショッピングサイト(Amazon、楽天、Yahoo!ショッピング、各ブランドの公式オンラインショップなど)
オンラインでの購入は、商品の種類が豊富で、より確実に希望の商品を見つけることが可能です。

ただし、店舗によっては取り扱いがない場合もあるため、購入前に在庫情報を確認することが重要です。

\ ココで買える! /

カウモール
¥3,768 (2024/07/15 22:41時点 | 楽天市場調べ)

香典袋 コンビニのは失礼にあたるの?

最初に述べておきますが、コンビニで購入した香典袋を持って葬儀や告別式に出席するのは、決して失礼には当たりません。

「コンビニで買った香典袋は手軽すぎて適切ではないのでは?」と不安に感じるかもしれませんが、実際には香典袋を事前に準備しておくこと自体が、故人への準備として縁起を担ぎたくないと考える人もいます。

さらに、近年は専門の文具店が減少しているため、コンビニや100円ショップで香典袋を購入することは一般的です。

香典袋は訃報を受けた後、急ぎで準備する必要があります。

文具店での購入が難しい場合、常に開いているコンビニを活用することが便利です。

\ ココで買える! /

香典袋へのお金の入れ方

香典袋に現金を納める際は、香典袋の「表面」が前となるように、お札の「裏面」が見える方向に入れるのが一般的です。

これには「悲しみの場で顔を隠す」という意味合いが含まれています。

また、お札の肖像画をどう向けるかは、地方や地域の慣習により異なるため、明確な正解はありません。

主に重要なのは、お札の裏面が見えるようにすることですので、上下の向きに関しては過度に心配する必要はありません。

多くの市販されている香典袋には中袋が付属しており、そこにお金を入れますが、中袋がない直接お金を入れるタイプの香典袋も存在します。

いずれにせよ、お札は裏面が見えるようにして配置することがマナーとされています。

\ ココで買える! /

香典袋はどれがいいの?選び方とその種類

種類の概要

香典袋にはさまざまなタイプが存在し、特に初めて選ぶ方には選択肢が多く感じられるかもしれません。

コンビニで見つけることができる香典袋は主に三つの基本的なカテゴリーに分けられます。

これらは一般的に使われる「御霊前」「御仏前」という表書きと水引が施されたものが中心です。

また、無地の包装袋タイプもあり、これには自分で何かを記入する余地があるため、様々な用途に対応可能です。

表書きと水引の選び方

香典袋の表書きと水引の選択は、故人の宗教や宗派に依存します。

仏教徒の場合、表書きには「御霊前」や「御香典」「御香料」といった語が用いられます。

特に浄土真宗の故人に対しては「御仏前」が適切です。

キリスト教徒の場合には、宗派を問わず通常「御花料」とされることが一般的です。

宗派不明時の対処法

故人の宗派が明確でない場合、シンプルな白無地の香典袋に白黒の水引がついたベーシックなタイプを選択することをお勧めします。

このタイプなら、どんな場面でも使える「御香料」「御霊前」といった表書きが適しています。

ただし、先にも触れたように、浄土真宗では「御霊前」は不適切なため注意が必要です。

もし表書きで迷ったら、自身の宗教に則した表書きを用いるのが一つの方法です。

\ ココで買える! /

香典袋の選択と金額の基準

香典袋の選び方は、用意する金額に応じて異なります。

過度に豪華な香典袋を選んでしまうと、包む金額に見合わない場合があり、これはマナーとして好ましくありません。

香典の額は、故人との関係深さや自分の社会的立場によって変わることが一般的です。

たとえば、故人が友人や同僚の場合、20代のうちは一般的には5,000円程度が適切とされています。

30代では5,000円から1万円が一般的な範囲です。

一方、故人が直接の親族であった場合、20代では約3万円、30代では3万円から5万円が相場とされています。

香典をどのくらいの額で準備するかを理解した上で、相応しい香典袋を選ぶことが重要です。

\ ココで買える! /

香典袋 どこで買えるについてのよくある質問

香典袋はどれを買えばいいですか?

香典袋の選び方は金額によって異なります。

例えば、香典の金額が1万円から2万円の場合は、本物の水引が付いた白無地の香典袋が適切です。

3万円から5万円であれば、あわじ結びの水引が特徴の香典袋を選びます。

さらに高額な6万円から10万円以上では、10万円未満は中金封、10万円以上であれば大金封を使用し、高級和紙製のものを選ぶと良いでしょう。

御霊前袋はどこでかえますか?

御霊前袋は一般に文房具店やスーパーマーケットで手に入ります。

なお、「香典袋」と「のし袋」を混同しやすい点に注意が必要です。

「のし袋」は祝儀袋を指す言葉であり、香典袋とは異なります。

水引の色には白、黒、黄色、双銀などが使われます。

表書きは薄墨で筆か筆ペン、またはサインペンで記入するのが基本です。

香典袋に5000円を入れるならどれがいいですか?

5000円を入れる場合は、プリントされた水引がある簡易的な香典袋が適切です。

実際の紐状の水引が付いた香典袋は、一万円以上の金額に対して使われることが多いです。

キリスト教の場合は、可能であれば水引のない不祝儀袋を選ぶことが望ましいです。

香典袋の値段の相場は?

香典の額は故人との関係や自分の年齢によって変わります。

20代の場合、友人や知人、同僚への香典では一般的に5,000円程度が相場です。

30代では5,000円から1万円が標準的な範囲となります。

故人が親族の場合、20代では3万円、30代では3万円から5万円が相場とされています。

自身の経済状況と相手との関係を考慮し、適切な香典袋を選ぶことが大切です。

香典袋 どこで買えるについてのまとめ

この記事では、「香典袋 どこで買える」という疑問に応じ、さまざまな種類と価格帯の香典袋の選び方を解説しました。

香典の金額に応じて適切な香典袋を選ぶことがマナーとされています。

また、購入場所についても、文房具店やスーパー、コンビニなど様々なオプションがあります。

適切な香典袋を選んで、故人への敬意を表しましょう。

さらに詳しい情報が必要な場合は、お近くの店舗に足を運ぶか、オンラインでの購入も検討してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次