香り玉はどこで売ってる?ダイソーやセリアなどの100均で買える?懐かしいとガチャで大人気!

香り玉とは、アロマオイルやエッセンシャルオイルが染み込んだ、装飾的で機能的なアロマグッズの一種です。

これらは電気や火を使用せずに自然に香りを放ちます。

香り玉には木、陶磁器、ガラス、紙など多様な素材が使用され、形状も丸いものから星形まで多岐にわたります。

本記事では、香り玉がどこで購入できるのかを詳しく探求しています。

\ 香り玉はコレがおすすめ /

目次

香り玉 どこで売ってる?

取扱店の概要

アロマショップ、雑貨店、スーパーマーケット、百貨店が取扱い店舗として挙げられます。

アロマショップでは、アロマオイルの選び方から香り玉の扱い方まで、専門スタッフによる詳細なアドバイスが受けられます。

商品のデザインや素材のバリエーションも豊富です。

雑貨店は、手頃な価格でデザイン性の高いアロマグッズを提供しており、百貨店ではより高級なアイテムが見つかることがあります。

どちらも購入時の参考として役立ちます。

オンラインでの購入方法

Amazonや楽天市場など、オンラインショッピングサイトでは香り玉が幅広く取り扱われています。

店頭では見つからないアイテムもオンラインなら容易に手に入ります。

これらのサイトは24時間営業しており、送料無料やセール商品も多数扱っているため、効率的かつ経済的にショッピングが可能です。

特にAmazonや楽天市場の利用が推奨されます。

\ ココで買える! /

香り玉はダイソーでも買える?

100円ショップの商品で、子供の科学的な興味を引き出せるアイテムがあります。

その中でも、ダイソーで販売されている「カラフル香り玉」キットは、手軽に楽しみながら学べる素晴らしい商品です。

このキットには、赤、青、黄の3種類の吸水ビーズが含まれています。

必要なもの
・水
・透明なプラスチックカップ3個
・空の瓶(ビーズの保管用)
・アロマオイル

作成手順

各プラスチックカップに150mlの水を注ぐ。

各カップにアロマオイルを数滴加える。

吸水ビーズをカップに入れる。

ビーズを水に浸し続け、2時間待つ。

ビーズが直径約1.5cmに膨らんだら、余分な水を捨てて完成です。

このように手軽に作れるカラフルな香り玉は、親子での創造的な時間を提供し、子供たちに科学的なプロセスを楽しく学ばせることができます。

\ ココで買える! /

香り玉セリアでも見つかる!

セリアで手に入れた「キラキラビーズ・シャボンの香り」は、税込110円のお手頃価格で提供されています。

これらのビーズは、その色彩とキラキラとした外見が、まるでお菓子のような愛らしさを放っています。

見た目の魅力だけでなく、触れると食べられそうな錯覚に陥るほどですが、もちろん食用ではありませんので注意が必要です。

特に小さな子供がいる家庭では、これらのビーズが手の届かない場所に保管されることが推奨されます。

商品のバリエーションは色や香りに富んでおり、今回選んだのは清潔感溢れるシャボンの香り。

シャボン玉を思わせる透明感のあるビーズが特徴で、香りは甘くなく、むしろすっきりとした清涼感を感じさせます。

このキラキラビーズは、その見た目と香りで室内を彩る素晴らしいアイテムです。

インテリアとしても、芳香剤としても、その用途は多岐にわたります。

\ ココで買える! /

「バンビコロン」とはどのような商品?

バンビコロンとも、バンビーコロン、香り玉、におい玉とも称されるこの商品は、1970年代初頭に流行した人気アイテムです。

商品名は、小さな子どもでも香水(コロン)のような香りを手軽に楽しめることから名付けられました。

生産は、もともとゴムボールを製造していた国内のメーカーが担当。

冬場にゴムボールの売上が落ち込むのを補うために始められた新商品開発が起源です。

当時は魅力的な香りの商品が少なかったため、特に女性を中心に人気を博しました。

お祭りの景品や文房具店でよく見かけられたほか、車の灰皿や筆箱に入れて使用するのが流行しました。

しかし、小さな粒が教室で散乱する危険性から、学校や教育委員会により使用が禁止される事態も発生しました。

これが原因で、やがてブームは衰えていきました。

現在でも、国内メーカーによる手作業での生産が続けられています。

\ ココで買える! /

香り玉をガチャで発見!懐かしいと大人気!

「娘が『すごいね、これ香水みたい!におい玉っていうんだよ、かわいいでしょ!』と見せびらかしながら母はびっくりして叫んだんだよ」という投稿が話題です。

この投稿に添えられた画像には、コルク栓付きの小さなガラス瓶が映っており、娘さんがカプセルトイで100円でゲットしたというこのアイテムには、鮮やかな青のビーズが詰まっています。

昭和から平成の初期にかけて育った人なら、その姿を見てすぐに「あのアイテムだ!」と懐かしみを感じる方も少なくないでしょう。

あきさんという投稿者も、娘さんから渡されたそれを見て思わず驚きの声を上げたそうです。

さらに、彼女の投稿の終わりには「懐かしいよね、あったあった!」と興奮が隠せないコメントが付け加えられています。

この鮮やかな青いビーズが何であるかと言えば、「バンビコロン」や「バンビーコロン」と呼ばれる昭和時代に流行した「香り玉」とも称される商品です。

この商品は、かつてファンシーショップやお祭りの屋台でよく見かける商品でした。

投稿は瞬く間に多くの人々の共感を呼び、5.3万件もの「いいね」が寄せられるほどの反響を見せています。

\ ココで買える! /

ミカミオンラインショップ
¥1,848 (2024/07/19 10:28時点 | 楽天市場調べ)

香り玉 どこで売ってるについてのよくある質問

香り玉の材料は何ですか?

香り玉を作る過程で主に使用されるのは塩化ナトリウムの水溶液です。この溶液にアルギン酸ナトリウム、水、好みの香料、食用色素を加えて混ぜ合わせます。混合液をスポイトで吸い上げて、一滴ずつ滴下することで、数多くの小さな香り玉が形成されます。参加者はこの不思議なプロセスを興味深く観察していました。

アロマボールとは何ですか?

アロマボール、別名香り玉とは、自然素材の丸い木のボールにエッセンシャルオイルを数滴垂らして使用するアイテムです。これを器に置いてインテリアとして楽しんだり、袋に入れてサシェとして使うことができます。さまざまなアロマの楽しみ方があり、火や電気を使わずに手軽にアロマ体験が可能です。

香り玉の使い方は?

香り玉は、湯舟に浮かべてヒノキ風呂のような癒しの時間を楽しむのが一般的な使用方法です。入浴の約10~20分前にバスタブに入れておくことで、浴室全体にヒノキの香りが広がります。また、入浴以外にも、お部屋に置いて芳香剤として使うことで、空間をやさしく香らせることができます。

赤ちゃんにアロマはだめですか?

生後1歳未満の赤ちゃんへのアロマオイルの使用は推奨されていません。新生児や授乳中の赤ちゃんは母親の匂いを覚える重要な時期であり、アロマオイルがそれを妨げる可能性があります。また、赤ちゃんの体には負担が大きすぎるため、原則としてアロマオイルの使用は避けるべきです。

香り玉 どこで売ってるについてのまとめ

この記事では、「香り玉 どこで売ってる」という疑問に答える形で、香り玉の材料、作り方、使い方、そして特に注意が必要な赤ちゃんへの使用について詳しく解説しました。

香り玉は自宅で簡単に作成できるアイテムから、専門店で購入できる完成品まで幅広く存在します。

日々の生活に香りの楽しみを取り入れたい方は、このガイドを参考にして、お好みの香り玉を見つけてみてください。

香りによる癒しをぜひ体験して、豊かな日常をお楽しみください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次