ジェニーちゃんが販売中止の理由!バービーとの見分け方や歴代のジェニーちゃんについて!

多くの人が幼少期にバービーやリカちゃんと共に遊んだ記憶があるかもしれませんね。

これらの人形は、大人になった現在でも多くの人々に愛され続けています。

特に、専門店が立ち並び、一時代を築いたジェニーちゃんの存在は、記憶に新しいかもしれません。

かつてジェニーちゃんで遊んだことのある方々にとっては、その販売が現在停止しているという事実が意外に感じるかもしれません。

そこで、本当にジェニーちゃんの販売が終了しているのか、そして復活の可能性はあるのかを詳しく調査してみました。

\ ジェニーちゃんはコレがおすすめ /

目次

ジェニーちゃん販売中止理由

1990年代に入ると、ジェニーちゃんは子供たちの間で一大ブームとなり、原宿には専門店が設けられ、専門誌も多数発行されました。

だが、2007年度末にはメーカーの公式ファンクラブが活動を休止し、続いて2008年には何の発表もなく商品の販売が停止されました。

これほどまでに支持されていたジェニーちゃんの販売が中止されるとは、多くのファンにとっては予想外の出来事でした。

品質の低下と生産地の変更

ジェニーちゃんの初期モデルは日本製でしたが、2000年代初頭からコスト削減のために中国製に切り替えられました。

この生産地の変更が原因で、品質が低下し、その結果、消費者からの評価も下がってしまいました。

競合の増加とファン層の分散

この期間にはブライス、スーパードルフィー、momokoドールなど、新しいタイプのドールが市場に登場しました。

これらの新しいドールたちが登場したことで、ファン層が分散し、さらに少子化の影響も受けて子供向けのおもちゃ市場自体が縮小しました。

ジェニーちゃんはリカちゃんほどの知名度がなく、それが人気の低迷をさらに加速させたと考えられます。

また、ドールに詳しくない人々には「リカちゃん」と誤認されることも少なくありませんでした。

経営陣の戦略的決定

タカラトミーの当時の社長はジェニーちゃんへの好意が薄く、リカちゃんに資源を集中する方針を固めていました。

その結果、「大人向けのドールは他のメーカーに任せる」との方針が打ち出され、ジェニーちゃんの販売は終了することになりました。

\ ココで買える! /

ノーブランド品
¥1,980 (2024/07/18 12:48時点 | Amazon調べ)

ジェニーちゃん歴代のドール紹介!

バービーは、1959年にアメリカのマテル社によって市場に投入されました。

興味深いことに、最初期のバービーは日本で生産されていました。

当時、日本の労働力費用が低価格で、繊維産業も盛んだったため、人形と衣服を一緒に製造することが可能だったからです。

日本におけるバービーの販売は、1962年に国際貿易株式会社によって始められました。

しかし、リカちゃんが市場に登場する5年前に発売されたにもかかわらず、販売数は初めから伸び悩み、リカちゃんの登場とともに一時的に市場から撤退しました。

この状況から救われたのは意外にもリカちゃんを展開するタカラの手によってでした。

1980年頃、タカラはマテル社と提携し、バービーの輸入販売代理を開始しました。

さらに、1982年にはタカラがマテル社からバービーの製造と販売のライセンスを獲得し、日本向けにアレンジされたオリジナルの「タカラ・バービー」を市場に送り出しました。

この新バービーは、従来のアメリカ版から日本人の好みに合わせて変更され、一時期はリカちゃんの人気を凌ぐほどでした。

リカちゃんが11歳の小学5年生を象徴しているのに対し、バービーは17歳の高校生として設定され、よりファッショナブルで大人っぽいイメージが強調されていました。

このようにして、リカちゃんとバービーは、日本の着せ替え人形市場をリードしていきました。

しかし、この二つの人形の関係は1986年にタカラとマテル社のライセンス契約が終了することにより大きく変わりました。

契約が更新されなかった詳細な理由は不明ですが、この名前の権利に関する問題が発生しました。

この問題を解決するため、タカラが選んだ方法はバービーの名前を変更することでした。

そうして「ジェニー」という新たな名前が誕生したのです。

タカラが創出したストーリーによると、ミュージカル「ジェニー」の主役を務めたバービーが大成功を収め、その役名であるジェニーの名を引き継ぐことになったとされます。

この新しい設定は、広告キャンペーンを通じて積極的に打ち出され、ジェニーが子どもたちにスムーズに受け入れられるよう工夫されました。

一方で、マテル社はバンダイとの合弁でマーバコーポレーションを設立し、新たなバービー(マーバ・バービー)を日本市場向けに発売しましたが、ジェニー(タカラ・バービー)と顔立ちが似ていたため、訴訟の対象となり、「人形裁判」として注目されました。

結局、マーバ側がバービーの顔を変更することで両社は和解に至りましたが、バービーの売り上げは振るわず、1989年にはマーバが解散しました。

その後、バンダイはバービーの販売を続けましたが、1991年以降、日本独自のバービーは市場から消え、マテル社のバービーがバンダイを通じて販売されるようになりました。

2003年にはバンダイとの提携も終了し、現在はマテル・インターナショナルがバービーの日本法人として販売を担当しています。

ジェニーちゃんとバービーの見分け方について

お持ちのドールが「タカラのバービー」か「タカラのジェニー」かを見分ける一つの方法として、ドールの背中にある刻印を確認することが挙げられます。

この部分には製造年と製造者の名前が記されていることが一般的です。

具体的には、1985年までに製造されたドールは「バービー」として、1986年以降に製造されたドールは「ジェニー」として刻印されています。

この年数の切り替えは、タカラがマテル社とのライセンス契約を終了し、新たにジェニーをブランドとして立ち上げた時期と一致します。

このようにドールの背部に記載された情報を確認することで、それが「タカラのバービー」なのか、「タカラのジェニー」なのかを区別することができます。

これはコレクターにとって非常に有用な情報であり、ドールの年代やその歴史的背景を知る手がかりともなります。

\ ココで買える! /

ノーブランド品
¥6,480 (2024/07/18 12:48時点 | Amazon調べ)

ジェニーちゃんの販売が再びスタート!?

2023年8月5日から、ジェニーちゃんの販売が新たに再開されました。

多くのファンが待ち望んでいたこの復活、一体どのような背景があったのでしょうか?

ジェニーちゃんの新しい設定

アメリカ・ロサンゼルスから来た17歳の設定は初代ジェニーちゃんと同様ですが、かつてのモデルという役職からさらに進化し、「世界を舞台に活躍するスーパーモデル」という新たなキャラクターに生まれ変わりました。

この変化は、ジェニーちゃんの魅力を現代のファッション業界に合わせて拡張するためのものです。

販売再開の理由について

タカラトミーの広報担当者によると、最近の80年代シティポップやバブル時代のファッションが再び人気を博していることが一因です。

ジェニーちゃんがその時代のアイコンであることから、過去を懐かしむような流れがあり、40代のファンを中心に、彼女の復活を望む声が多く寄せられていたといいます。

実際には熱心なファンからの手紙も多数受け取っており、そうしたファンの情熱的な支持を受けて、ジェニーの誕生月である8月に新シリーズの発売が決定しました。

この復活は、古き良き時代を再び現代に蘇らせる試みとも言えます。

\ ココで買える! /

復活したジェニーちゃんはどこで買える?通販で手に入る

最新のジェニーちゃんは、多くの販売チャンネルを通じて手に入れることができます。

具体的にどのような場所で購入できるのでしょうか?

オンラインショッピングサイトでの購入

ジェニーちゃんは、Amazonや楽天といった大手オンラインショッピングサイトで一年中購入することが可能です。

これらのプラットフォームでは、ドール本体だけでなく、様々なアクセサリーやオプション品も一緒に購入でき、非常に便利です。

オンラインでの購入は、忙しい方や店頭に行く時間がない方にとっては特に便利な選択肢です。

メルカリでの購入

メルカリなどのフリーマーケットアプリでも、ジェニーちゃんを購入できます。

特にメルカリでは、新品同様の中古品をお得な価格で見つけることができることがあります。

また、本体だけでなくセットで販売されているオプション品もあり、コレクターや節約を心がける方々には魅力的な選択肢です。

トイザらスでの購入

実店舗で直接商品を見ながら選びたい方には、トイザらスがおすすめです。

トイザらスでは、ジェニーちゃんの様々なバリエーションを取り扱っており、商品を実際に手に取りながら比較検討することができます。

店頭での購入は、商品の質感や詳細を直接確認できるため、購入前にしっかりと商品を確かめたい方に最適です。

\ ココで買える! /

ジェニーちゃん 販売中止 理由についてのよくある質問

ジェニーちゃんとリカちゃんの関係は?

ジェニーちゃんは1986年に登場し、その後大変な人気を博したファッションドールです。

この人気ドール、ジェニーは、リカちゃんが17歳の高校2年生(SJH、セント・ジョゼフ高校)として登場する「#Licca(ハッシュタグ リカ)」シリーズにおいて、フレンドドールとして新たにデザインされ復活しました。

リカちゃんは日本人ですか?

リカちゃんは、フランス人の父親、ピエール(職業は音楽家)と日本人の母親、織江(ファッションデザイナー)との間に生まれた日仏ハーフの女の子です。

この多国籍な背景がリカちゃんの国際的な魅力の一因となっています。

着せ替え人形『ジェニー』のモデルになった 伝説のアイドルは?

ジェニーちゃんのモデルになったと言われているのは、伝説のアイドル、アグネス・ラムさんです。

彼女の魅力がジェニーちゃんのキャラクターにも反映されています。

ジェニーちゃん初代の彼氏の名前は?

ジェニーちゃんの初代彼氏の名前はジェフです。

ジェフとジェニーは多くのストーリーラインで一緒に描かれ、ファンから愛されています。

ジェニーちゃん 販売中止 理由についてのまとめ

本記事では、ジェニーちゃんの販売中止に至った背景や、彼女とリカちゃんの関連性、さらにはジェニーちゃんのモデルになったアイドルや彼氏についても触れました。

ジェニーちゃんは多くのファンに愛されてきたキャラクターであり、その歴史は多彩で魅力に満ちています。

もしジェニーちゃんについてもっと知りたい方や、復活版ジェニーちゃんを入手したい方は、公式サイトや指定の小売店を訪れてみてください。

彼女の魅力を再発見する良い機会になるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次